制御盤の設計・製作、汎用ボードからオリジナルボード、ラダー変換プログラムならTDGにおまかせください。
製品情報
ホーム製品情報 > 基板開発:STシリーズ

基板開発:STシリーズ

基板開発:ST-1シリーズTDG製CPUボードは基板開発期間短縮及びイニシャルコストを軽減する為にCPUボードを標準化いたしました

STシリーズは、I / Oボードのみをカスタマイズするだけで済みます。それにより開発期間の大幅な短縮及びコストダウンに繋がります。

■ 特長

  • CPUにルネサス製SH-2CPUを使用したメモリも大容量高速タイプを使用しておりますので高速処理が可能です。またRoHSにも対応済みです。
  • ST-1は入出力は装備していません。しかし増設バスを標準で装備しているので、このバスに接続できる専用カスタムI / O基板を設計・製作する事により、I / O増設が可能になります。そのため、システムに適した構成で更なるコストダウンを可能にします。(当社にて設計・製作は承ります。要打ち合せ。)
  • ST-1用TDGシステムプログラムは基本OSにリアルタイムOSを利用しているのでリアルタイム性が要求されるシステムに最適です。
  • 当社ラダー→Cコンバータソフト、TDGシステムプログラム(組込用)を使用して他社製のラダー作成ツール(三菱GX-Developer、オムロン製CX-Programmer)で作成したラダープログラムをST-1上で動作させる事が可能になります。
  • TDG Embedded Toolアプリケーション(DOS/V上にて動作)を使用して容易にコンパイルが可能です。また、通信ケーブルを接続してCPUにプログラムをRUN中書込やCPUの動作モニター等ができます。
  • 三菱専用プロトコル形式に対応。それにより三菱専用プロトコルに対応している機器に容易に接続できます。(TDGシステムプログラム使用時標準機能)
  • 今後、イーサネットを利用したST-1間でネットワークプロトコルを製作予定。よって、容易にST-1間でデータ共有が可能に成り大規模システムにも対応可能に成ります。

■ 仕様

動作電源 DC 5V
外形寸法 W120mm×H100mm
使用環境温度 0〜55℃
使用環境温度 -10〜65℃
CPU SH2(ルネサス製)
動作周波数 44MHz
シリアル通信機能 チャネル数 3ch
通信方式 RS-232C準拠×2/RS422準拠×1
Ethernet チャネル数 1ch
通信方式 10BASE-T
通信速度 10Mbps
伝送形式 スター型
伝送媒体 ツイストペアケーブル
時計/カレンダー機能 時計機能 時(00〜23)、分(0〜59)、秒(0〜59)
カレンダ機能 年(00〜99)、月(1〜12)、日(1〜31)
停電保持機能 バッテリ寿命 約5年
バッテリ交換時間 12時間

■ 付属品

  • TDGシステムプログラム(組込用/TDG製)
  • 電源ケーブル(1m)
  • ショートピン

■ オプション品

  • ラダー→Cコンバータソフト(TDG製)
  • TDG Embedded Toolアプリケーション(TDG製)
  • TDG Embedded Tool接続ケーブル(1m/3m)
  • フラッシュ書込専用ツールケーブル(1m/3m)

■ 備考

  • プログラム製作に必要なツール、コンパイラ等はお客様にてご用意ください。
  • 電源、通信ケーブルは用意していません。必要な場合はお客様にてご用意ください。
    ※当社にて別途製作は可能です。

■ ダウンロード

カタログ ST-1 PDFアイコン (2.4MB) 基板取扱説明書 ST-1 PDFアイコン (84KB)
東京電気技術工業株式会社 営業部 営業課:お気軽にお問い合わせください
フォームメールでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ:03-3723-3631