制御盤の設計・製作、汎用ボードからオリジナルボード、ラダー変換プログラムならTDGにおまかせください。
製品情報
ホーム製品情報 基板開発:MTシリーズ > 使用方法

基板開発:使用方法

■ MTシリーズをお使いになる為に必要な物

  • MT基板
  • フラッシュROM書込みケーブル(20,000円)
  • MTシリーズ用TDGシステムプログラム(MTシリーズ購入のお客様には付属いたします。)
  • L t C Soft初期登録料(20,000円) ※L t C Softを使用する場合のみ必要
  • USBキー(料金は初期登録料に含まれます。)
  • Cコンパイラ(お客様でご用意ください。)Yellow Soft推奨(参考価格32,200円)
  • DOS/Vパソコン(OSがWindows 2000以降のものをご用意ください。)
  • 各コネクタ及びケーブル(当社にてご用意する事も可能です。)

※上記のものが必要となります。1と5が初回のみ発生いたします。

■ L t C Softでの使用イメージ

  • 汎用ラダー開発ツールにてラダープログラムを作成
  • L t C SoftにてラダープログラムをCプログラムに変換
  • Cコンパイラにてコンパイル及びTDGシステムプログラムと結合
  • フラッシュROM書込みケーブル経由でCPUに書込み
  • ラダー開発ツールにてモニタリング → 異常が無ければ完了
  • ラダー開発ツールにて変更及び修正 → 1に戻る

このラダープログラム作成以外の一連の作業を1画面で行えるアプリケーションもご提供しております。

※L t C Softを使用しない場合は通常のルネサス製H8系CPU基板と同じように使用できます。

MT-3評価セット

MT-3をご採用いただく為に当社ではMT-3評価セットとして、すぐに御使用いただけるセットをご用意しております。 詳細はこちらをご覧ください。

東京電気技術工業株式会社 営業部 営業課:お気軽にお問い合わせください
フォームメールでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ:03-3723-3631