制御盤の設計・製作、汎用ボードからオリジナルボード、ラダー変換プログラムならTDGにおまかせください。
製品情報
ホーム製品情報 基板開発:MTシリーズ > MT-30E

基板開発:MT-30E

小型ボードタイプPLCイーサネット通信対応 I/O 32/32
固定バッファに対応、ネットワークが簡単に組めます!

■ 当社LtC Softを使って動作させると

    基板開発:MT-5写真
  • LtC SoftとCコンパイラ※1及び基板とのインターフェース用TDGシステム※2プログラム を使用する事で、他社製ラダー作成ツール(三菱製 GX-Developer等)で作成したラダープログラムを動作させる事が可能です。
  • 既存のラダープログラムの使用ができ、簡単にPLC→MT-30Eへ置き換え、コストダウン、省スペース化、ブラックボックス化ができます。
  • シリアル通信は三菱専用プロトコル形式4、形式5に対応しています。外部機器(タッチパネル等)にプログラムレスで接続ができます。(一部接続出来ない機種もあります)
  • シリアル通信には他にラダープログラムで制御する無手順プロトコルに対応しています。
  • プログラム開発はTDG製LtC Toolを提供します。このアプリケーションソフトはWindowsパソコンで動作し一連のプログラム開発を簡単にします。
  • ラダー作成ツールのオンラインモニタ機能でデバッグが容易です。
  • ※1 Cコンパイラは別途御用意下さい。
  • ※2 TDGシステムプログラムで対応しているコンパイラは、Yellow Soft、ルネサス製C/C++コンパイラです。

■ 特長

  • イーサネット通信は固定バッファに対応、ラダープログラムで通信制御ができます。また、イーサネットの設定はTDG製LtC Toolアプリケーション使用で簡単に設定できます。
  • 外形が145×90の小型でありながらI/O 32/32を標準搭載、CPUにルネサス製H8SXシリーズを使用する事により高速処理を可能にします。
  • プログラムはCPU内蔵のフラッシュROM(512Kバイト)に保存する為、外部ROMを必要としません。

■ 仕様

型式 MT-30E
外形 145(W)×90(D)×15(H)mm
使用環境温度 0〜55℃
保存環境温度 −10〜65℃
供給電源 DC16V〜36V 3W(DC24V)
動作電源 DC3.3V:ロジック
DC5V:周辺回路及びA/D変換回路
CPU 型名 ルネサス製 H8SX/1664
動作周波数 プログラム : 48MHz 周辺 : 24MHz
内蔵フラッシュROM 512Kバイト
内蔵RAM 40Kバイト
接点入力 32点 24Vフォトカプラ絶縁
32接点単位共通コモン
接点出力 32点 24Vフォトカプラ絶縁、オープンコレクタ出力
許容電流:0.1A/1点、32点共通コモン
カウンタ入力1 位相モード 2ch/24Vフォトカプラ絶縁/入力32接点と共通コモン
加算モード 2ch/計測範囲32ビット/応答速度20Kpps
パルス割込   1ch 差動入力/90度位相差入力32ビット30Kpps(ハード性能)
パルス出力   2ch/24Vフォトカプラ絶縁/出力32接点と共通コモン/出力速度20Kpps(TTL相当部品で入力した場合)
通信機能 RS-232C準拠 1ch:メンテナンス用
RS-232C準拠(標準) 2ch:ユーザー用
ユーザー用は、RS-422又はRS-485への変更可
イーサネット通信 1ch : 10/100Mbps
記憶機能 FRAM 64Kバイト
アナログ入力
(オプション)
入力方式 0〜5V又は4〜20mA
チャンネル数 2ch
分解能 公称10Bit

L t C Softに関しての注意

※L t C Softをご使用になる際は初期登録料(20,000円)が別途必要となります。

※対応コマンド等、詳細は別途御問合せください。

■ ダウンロード

カタログ MT-30E PDFアイコン (2.9MB) MT-30E基板 機能説明書(三菱Qシリーズ版LtC Soft使用) PDFアイコン (1.93MB)
東京電気技術工業株式会社 営業部 営業課:お気軽にお問い合わせください
フォームメールでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ:03-3723-3631